フラメンコ伴奏が意外に簡単な理由!?

 

こんにちは、池川です。

以前、こちらでフラメンコ伴奏には需要(ニーズ)があるということをお話しました。

フラメンコ伴奏やろうよ!

 

そうは言っても「難しいんじゃない?」と思われるかもしれません。

が、そうでもないんです、。

 

フラメンコ伴奏が意外に簡単な理由!?

 

その理由はズバリ、

「使う技術は意外に限られているから」

です。

 

??

どういう意味??

 

はい、説明しますね。

 

先日、スペイン留学から帰ってきたギター生徒と話していた時のこと。

 

「やっぱりラスゲアードが大事だと思いました」

「うまいギタリストってラスゲアードがすごいんですよね」

「これだけで伴奏できますしね」

とのこと。

まさにそうだと思いました。

ちなみにラスゲアードとは「かき鳴らし」奏法のことで、ギターを指と爪を使って「ジャララ〜〜ン」と力強くかき鳴らす、いかにもフラメンコと感じさせる技の一つです。

 

フラメンコギターには数多くの奏法がありますが、どれか一つを挙げるとしたら

やはり「ラスゲアード」でしょう。

極端な話、ラスゲアードだけで伴奏することもできます。

逆に、アルペジオだったりピカードが必要な部分はイントロやファルセータぐらいで、伴奏に置いての優先順位はそれほど高くありません。

 

そうは言っても、このラスゲアード。

めちゃくちゃ奥が深いです。

タッチ、スピード、力のかけ具合、使い所など、テクニックとセンスが問われます。

 

軽く弾いてもかっこいいラスゲアード。

シンプルだけど奥が深いフラメンコ伴奏。

うーん、最高ですね。

ちなみにラスゲアードのコツは力を入れるのではなく、「力を抜いた瞬間」です。

 

まるで弓を射るようなイメージで、脱力した瞬間こそが、歯切れのいい音を生むことができます。

 

参考にしてみてくださいね♪

 

 

 

ではまたー!

 

 

直近のイベント情報

 

7/14(日)フラメンコ伴奏勉強会

【募集】他ジャンルの楽器プレーヤーのためのフラメンコ音楽セッション

 

8/3(土)&4(日) 第19回VIVAフラ発表会!

 

 

世界一かんたんなフラメンコ音楽のしくみ


VIVAフラ式かんたんメール講座が無料で受けられます。メールマガジン方式なので1日1分でサクッと学べちゃいます。
料金が割引になるお得なキャンペーンもこちらでお知らせします。
さらに[今だけ期間限定]で入門ガイドブック(PDF)を全員にプレゼントしています。