フラメンコってな〜に?

 

フラメンコの歴史


フラメンコは元々、スペイン南部アンダルシア地方で生まれ、差別や迫害を受けてきたジプシー(gipsy)と呼ばれる民族が作り上げた芸術といわれています。

もともとジプシーの言語はサンスクリット語(梵語)に起源を持っており、フラメンコの歌やギターのメロディに出てくる音階はインド音楽に非常に似通っていることから、ぼく達に東洋的、神秘的な部分を感じさせるのかもしれません。


「コンパス」
と呼ばれる特有のリズムや「アンダルシア音階」と呼ばれる
特有のメロディーラインなどは一度身につけると「脳トレ」「リラックス効果」「ストレス解消」などに効果的です。

 

フラメンコってこんな音楽!

ギターで弾くフラメンコの伝統曲「ブレリアス」

ギターで弾くフラメンコの伝統曲「アレグリアス」

ウクレレで弾くLovin’ you(ラヴィン・ユー)

スパニッシュ奏法を交えて弾いてみました。

 

ウクレレで弾くフラメンコの曲「タンゴス」

 

フラメンコは日本で大人気!

 

日本ではあまり知られていませんが、
意外にもフラメンコダンスを習う
女性は多く、日本でも年間5万人
愛好家がいると言われており、

女性の「習いたい習い事ランキング」では、
つねに上位10位以内に入っています。

たくさんの魅力を持つ芸術、
それがフラメンコです。 

 

 

フラメンコ音楽の楽しみ方

ギターやウクレレは

「一人でコッソリ弾いても楽しい」
「仲間とワイワイ合わせても楽しい」

など、たくさんの楽しみ方があります。

さらに、ギターやウクレレは持ち運びがラクなため、

「いつでも」「どこでも」気軽に取り組めるのも魅力です。

 

【次ページ】フラメンコが教えてくれるもの