失敗しないフラメンコギター選びのコツとは!?

 

「ギターを習ってみたいんだけど、まだ持ってない」「どれを選んでいいのかわからない」
という方のために、ギターの賢い選び方をご紹介します。
購入の参考にしてみてくださいね!

どこで買えるの?

フラメンコギターの多くはクラシックギターの販売店で扱っています。

インターネットで「フラメンコギター 購入」などで検索すると
販売店を見つけることが出来ます。

インターネットでももちろん購入することは出来ますが
できれば実際に店に行き、自分の手で確認してみることが一番です。

通販で購入して「イメージと違う!」なんてことがあっては困りますからね。

フラメンコギターは大きく分けて2種類あります。
「白」と呼ばれるタイプと、「黒」と呼ばれるタイプです。

「白」は、側面板と裏板にシープレス(糸杉)という白い木材を使っており、
ボディの厚さがクラシックギターに比べ薄く歯切れのいい音が出ることから、
踊りの伴奏に適していると言われています。

「黒」は、側面板と裏板にクラシックギターに用いられる
ハカランダやローズウッドという黒っぽい木材を使っており、
ソロ(独奏)に適していると言われています。

特にこだわりがなければ、
入門者のうちはどちらでも構いません。

 

値段はいくらぐらいがいいの?

一概には言えないのですが、一応の目安として10万円以上のギターでしたら、
音色、音質ともに最低限以上のクオリティーはあると思います。

ただ、10万円というのは初めてギターを弾く方にはハードルが
少し高いと思いますので、その場合は入門用として5万円程度のギターも
選択肢に入れてもいいでしょう。

クラシックギターをすでに持っている方はゴルペ板(表面板を保護するプラスチック製の板)
を別途購入して代用するのも手です。

いずれにせよギターがないと始まりませんのでご予算と相談して決めましょう。

 

試奏してみよう!

楽器屋などで弾く機会があれば、以下の点に注意してみてください。

ギターが身体にフィットするか?(大きすぎないか?小さすぎないか?)

フレットを押さえた感じはどうか?(幅が広すぎないか?狭すぎないか?)

弦を弾いた感じはどうか?(固すぎるか?柔らかすぎるか?)

などです。
(弾けなくても、ギタリストになった気分で!)

自分ではなかなか判断しにくいと思いますので、お店の方におすすめを
聞いてみるか、ギタリストの知り合いがいれば一緒に見て選んでもらいましょう。

 

良いギターの特徴とは!?

ここまで書いても

「やっぱりギターを買うのは不安…」

と思われる方もいると思います。

そんな方にぼくなりに大事にしている要素のひとつをお伝えします。

それは、

「良いギターは、弾き手をその気にさせてくれる」

ということです。

ギターを持った瞬間に「おお!?」と感じさせ、
弾いた瞬間に「うんうん!」と唸らせてくれるギターです。

…わかりづらいですね(笑)

つまり、良いギターというのは、それだけで

「弾きたい!」

「一緒にいい音楽が出来そう!」

という気持ちにさせてくれるんですね。

最終的には

「これでいいんだ!」

という自分の直感を信じてみるのが
一番のように思えます。

できれば焦って買わないで!

ついつい「ギターがなければ始まらない」と
購入を急いでしまいたくなるかもしれません。

でもちょっと待って!

お得な情報があります。

買う前にぜひ私たちの体験レッスンに来て
複数のギターを弾き比べてみてください
※『貸出ギターあり』のスタジオ限定

楽器店の店員さんが売りたいギターと
講師がオススメしたいギターはちょっと違います。

あなたの要望に合ったギターをオススメします。
そして気に入ったら卸値キャンペーンで楽器店よりも安く購入できます。

焦って購入するまえにぜひ一度、体験レッスンで相談してくださいね。
フラメンコギターを始めるサポートをさせて頂きます!

 

 

 

世界一かんたんなフラメンコ音楽のしくみ


VIVAフラ式かんたんメール講座が無料で受けられます。メールマガジン方式なので1日1分でサクッと学べちゃいます。
料金が割引になるお得なキャンペーンもこちらでお知らせします。
さらに[今だけ期間限定]で入門ガイドブック(PDF)を全員にプレゼントしています。